Main BACK >>
御朱印求めて相野まで

7月中旬も過ぎていますが、まだまだ4月末のこと。
今年のGWもガッツリお休みを頂けたので帰省。
来年3月末で終わるJR西日本のスタンプラリーを狙って相野までお出かけ。


目指す西国さんのお寺は相野から更にバスに揺られること35分。
しかも、1日2本しか走っておらず中々行けなかった場所。
バスの時刻に丁度良い電車も決まっていて、駅に着いてバス停に行くと
長蛇の列が。
本数が多いと次で良いや。と思えるけど、頑張って乗り込みました。
途中で降りる方も結構いたけど、結局、終点のお寺まで立ちっぱなし。

駅から1日2本と言うことは、勿論、お寺から駅までも2本のみ。
ということで、帰りのバスは乗り遅れることは出来ないし、座りたい!
なので、陽が燦々と照って暑かったけどサクサク回ります。
まずは入り口となる仁王門。


階段を登って境内の中へ。
ちゃんと縁起も忘れずに


仁王門入ってすぐに売店があり、歩き易い道が続いていく〜。
途中で見かけた趣のある石で作られた


御朱印をいただける大講堂への途中で見かけたシャクナゲ


仁王門からサクサク歩いて約5分程度で手水舎に到着。


大講堂へ向かって御参りしてから無事に御朱印を頂きました^^
バスの時間まで十分に時間があったのでゆっくり散策開始。
大講堂から少し降りて回った位置から撮影。


少し奥にある多宝塔跡なども見学して木々が多いルートを通って仁王門へ。
バス停に戻る既に3人程が待っている。。。
待つこと20分で無事に座って駅へ移動。

周りに飲食店がなかったので、来る時に買った小さなパンを
ホームで食べつつ電車を待って、帰りの電車も無事に座れて帰宅。

遠くてようやくこれたお寺だったので晴れててよかった^^


by mie
日記 : 23:18 : comments (x) : trackback (x)
初の強歩大会に出場〜その3〜

夜中は寒かったのに陽が上がると同時に気温も上昇。
それでも、まだ涼しい内に頑張ってゴールを目指します。
休憩した南牧村役場から9キロほど進んだ小海町農産物加工販売所が
次のエイド。
到着すると、噂に聞いてた手打ち蕎麦が!
しかし、一足遅く終了。。。
片付けられていました。

ここで持っていたペットボトルに冷たい水を補充してもらいました^^
エイドのおばちゃんがメッチャ親切でした。
疲れている時の人の優しさって嬉しい。。。
ここの横にもリタイアバスが停車していて、乗る方多数。
まだタイムアウトになるには十分すぎるほどの時間はあるし、
まだ歩けるだけの体力も気力もあるので、クーラーの効いてるバス
の誘惑を振り払い先へ。

途中で出てきた佐久穂町の看板から佐久市までが遠い!
歩いても歩いても全く佐久市に入れない。。。
緩い登り坂を登った先についに登場した佐久市の文字!

時刻は11時55分。

その次の北部消防署の制限が12時50分。
ここまで来てのタイムアウトなんかなりたくない!
ということで疲れた身体に喝を入れて目指す先は消防署。
首には濡らせば冷える冷却タオルを巻いて、ひたすら歩く。
12時過ぎに消防署に到着。
既に気温は25度を余裕で超えている。
消防署のエイドで冷えた麦茶を頂き小休止。

熱中症なのか疲労なのかでスタッフからストップをかけられて
悔し涙を流す女性がいたり。とここまで来てもドラマが。

残り9キロ!
ここから地獄のロードの始まり。
晴れていれば2キロ以上先まで見える直線で日陰なし!


この時、地味に受付で渡された地図を読み間違えていて
残りの距離を勘違いしていました(^^;;

10歩ほど歩いては立ち止まる若い男性とか、ストックに体重をかけて
どうにか進んでいる男性とか。
もちろん、私も相方さんもだけどみんな最後の体力で歩いている感じ。
でも、気力勝負するにはまだ早い!
なので、疲れと眠たさで朦朧とし始める意識と戦いながらゴールへ。

ゴールまであと5キロほどの場所の体育センターの入口で
冷たい麦茶とスポーツドリンクとオレンジなどの振る舞いエイドが。
近くの小学校のPTAのお母さんたちや子供たちの接待が嬉しい。。。
子供たちの応援を背に受けてゴールを必死で目指します。

もうそろそろゴールか?!何て思っていたら、スタッフに聞いたら
まさかの後2キロ!
ウソでしょ〜!!!
こうなると気力勝負になり始め、止まりたいと思う気持ちと戦いながら
ゴールの佐久市総合体育館へ。
遠くから体育館が見えた時の嬉しいことがこの上ない!

最後は相方さんと2人で手をつないで同時にゴール!
体育館の中に入ると椅子に座って待つことしばし。
佐久市の市長自らマイクを通して名前を呼んで表彰状を渡してくれました。
参加者も多いので他にも表彰状を渡す方がいて、計3人で渡されてました。
結果は、17時間23分47秒という成績。
疲れてきて陽が高くなってからドンドンとペースダウンしたし。
両足裏は水ぶくれが出来てたし。
目標よりも遥かに遅いけど、とりあえず無事ゴールできてよかった。


帰りはタクシーで佐久平まで移動して新幹線で大宮経由で帰宅。
流石に家に帰ってお風呂に入って即爆睡。

初の78キロと言う長距離歩行でしたが、
次は100キロウォークを目指したい。



by mie
日記 : 23:29 : comments (x) : trackback (x)
初の強歩大会に出場〜その2〜

大門ダム出口からゴールまで残り53キロ。
既に25キロほど歩いているけど、真夜中に歩いているので実感なし。

歩いている人もかなりまばらになっている状態。
ほぼ平坦に近い感じだけど、ユルユルと登ったり降りたりと。
周りにお店も何もなく、時折通る車のライトの明かりのみ。
それでも、清里の近くまで来ると小学校とかお店とかが。
数時間ぶりに現れたコンビニは参加者で溢れている。
寄ろうかと思ったけど、レジとかも待っている時間が無駄なので
野辺山のエイドまでノンストップで行くことに。

さすがに、眠気が襲ってくる午前4時前。
中島みゆきの曲を聴きながら眠気と戦いながらひたすら登る道。
ようやく標高1334メートル地点を通過。

途中で巡回車で『まもなく登り終了です。頑張って下さい』なんて
言ってくれても中々到着しない野辺山。

大門ダムから9キロ程度なのに1時間半かかって野辺山のエイドに到着。


エイドでは豚汁とレモンティーが振舞われていたので、
ありがたく頂き小休憩。

広場の真ん中では焚き火がたかれて多くの参加者が休憩中。

ここでもリタイアバスに乗っている方多数。

15分ほど休憩したのち、まだ44キロ残っているゴールへ向けて出発。
ここからは多少のアップダウンはあるものの、ほぼ下りか平坦。
歩いていると白んでくる空と、野辺山の道で時折見かける牛の像?

向いている方の裏の顔が違っているのを発見!

見事に見えるまだまだ雪に覆われている八ヶ岳。


朝日で赤く焼ける八ヶ岳はこの時間でないと見れない。

やっぱり美しいなぁ〜。

眠気覚ましの為なのかはわかりませんが、チラホラと走って追い越す人も。
途中で国道141号から民家のある部分のルートでは桜もまだ咲いている。
4月下旬なのに標高が少し高いからなのか遅咲きだからなのか。。。

午前7時半頃に南牧村エイドに到着。
カップ麺やバナナなどの振る舞いが。
身体の疲れも考えてバナナとチョコレートでチャージ。
ブルーシートや椅子もありスタートして初めて座って休憩。

残り約30キロ!

by mie
日記 : 22:32 : comments (x) : trackback (x)
初の強歩大会に出場〜その1〜

気づけば6月の半ば。
相方さんと一緒に佐久強歩大会に出場してきました。
大会は約2ヶ月前の4月21〜22日で開催されました。
『競歩』は歩き方が決められており、速さも求められるけれども、
出場した『強歩』は歩き方は自由で長距離を歩くことで基本、順位なし。

出場した強歩大会は埼玉県韮崎市から長野県佐久市までの78キロ。
韮崎市駅近くの小学校で夜の21時にスタート。
なので19時半過ぎに受付をして必須3点セットの受け取り。

男性も女性も関係なしで全員同じ帽子だけどかなりダサい。。。

参加者は1100名なので3ブロックに分かれてウエブスタート。

受付で渡された3点セットはゴールまで常につけておくのが絶対条件。

トップでゴールする方々はスタート直後の渋滞に巻き込まれたくないので
開会式が行われる午後8時半より前にスタート地点に並んでいるとか。。。
ちなみに、スタート地点から15キロまでは大会役員さんが先導していて
追い越すことはタブーだけど、それを超えると走ってもOK。

最初は国道沿いをひたすら歩くものの、街灯が多いわけではないので
スタート時点ですでにヘッデンを帽子の上から装着。
かなり最後尾に近いところからスタートしたけど、結構なスピード。
色々な人のブログを読むとゆっくりで。なんて書いてあったけど、
普段私が一人で街中散歩をするのと同じぐらいの時速5キロ程度。

スタートから1時間ほど歩いた時に見えたコンビニに人だかりが。
見たら、コンビニの広い駐車場に仮設トイレが。
最後の参加者が使用し終えたら移動できるようにトラックの荷台に
仮設トイレが女子用と男性用がそれぞれ数基あり階段で荷台に登って利用。
本当に効率的な仮設トイレだなぁ〜と感心。

トイレに寄って歩いていると後ろから仮設トイレを乗せたトラックが
追い越してゆく〜。
さらに1時間ほど歩いていると再びトラックが止まっているコンビニが。
どうやらトラックは2台用意されているっぽい。

用が無かったのでそのコンビニは素通りしてほぼ最後尾から順位上げ。
前を歩いている人でほぼ同じぐらいのペースの方にひたすらついて行き
最初の関門の15キロ地点を午前0時過ぎに通過。
流石に、慣れた山だと先に行ってしまう相方さんも今回はずっと一緒。
ここまでは少々の登りはあったもののほぼ平坦な道。

この佐久強歩はスタート地点が海抜351mで34キロ地点が最高地点で
海抜1387mなので、ここからが本当の意味での戦いの始まり。

午前0時を回り、国道沿いを離れたほぼ街灯がない道をひたすら歩く。
前後には人がいるけれども、皆さまほぼ無言で黙々と。
道端には斜度7%の登り看板はあるけど、暗闇なのでよくわからない。

15キロ地点から1時間ほど歩いた場所で例のトラックが止まっていたので
プチ休憩&4月下旬とはいえ、夜中は冷えるので上着を羽織る。
小腹も空いてきたので歩きながらモグモグタイム。

トラックがあった場所からはひたすら続く登り。
その先にあったのはさらなる登りの入り口、大門ダムに午前2時前に到着。


ここからは国道を逸れてダムに続く道へ。
ヘッデンが無ければ何も見えないほどの真っ暗な道。
かなり先の方にはチラチラと動く明かりが時折見える状態。
15分ほど登ってそろそろ終わりかと思ったら、着いたのはダムらしい。

真っ暗すぎて何もわかりません(苦笑)

本当の登りはそこからでした。
九十九折のひたすら続く登り道。
喋ると体力を消耗するので眠たさを振り払う為に音楽を聴きながら登る。
登り続けること約20分でようやく大門ダム出口の標高1000mに到着。


リタイアバスの乗り場でもあり、見ると結構乗っている人が。。。
登り終えて休憩する人もいたけれども休憩せずに先へ。

by mie
日記 : 22:03 : comments (x) : trackback (x)
沼津アルプス縦走〜その3〜

徳倉山からの激下りをどうにか終えて横山峠に到着。

目と鼻の先の距離に広がるのは住宅街。。。

ここから再び登り返して徳倉山から50分で横山に到着。

流石に少々お疲れモードになってきたので、羊羹を食べつつ小休憩。

横山から香貫山へは一旦、道路に出ないと行けないので再び下り。
ここの下りも結構ヘビーだったものの、25分ほどで道路に到着♪

ふと見ると、前に来た時と比べたら看板が新しくなってる。

残るは最後、香貫山。
道路を軽く下り車が来ないタイミングで渡り登山口へ。

もちろん、こちら側の看板も新しくなってる。

香貫山山頂へはひたすらアスファルトを歩くか、登山道を歩くか?
ここまで歩いてアスファルトもなぁ〜という感じだったので
登山道を選択。
途中からはアスファルト(車道)と合流し歩いていると、
見えてきたのは見事に咲いている桜の木々。

ここまで歩いてようやく見れた満開の桜。

そしてもう少し登っていくと山頂への道標が

○の中に書かれているのは“旧”ではなく“18”です。

階段を登りきると最後の山頂、香貫山

横山山頂から約1時間後の16時12分に登頂。
ただ、香貫山への登山口を登り途中の桜の木々の写真を撮って
ノンビリしていたので本当ならもう少し早かったかなぁ〜。
香貫山の山頂は眺望も全くないので早々に降りて展望塔に移動。

展望塔に移動している時にも見事に咲いている桜が


展望塔に登って見える今日歩いた山々。

ただ、スタートした奥沼津アルプスは山の向こう側なので見えず。

本当に近くに広がる沼津港


展望塔から降りた場所には沼津アルプスの説明図が


1日見え続けた富士山も夕方も綺麗に見えていました


三島の駅に車を取りに戻らないと行けないので、駅へ。
歩いていると見事な椿の花が

冬の花である椿と春の花である桜を両方見れてよかった^^

車道を歩いて降りていると、展望が開けた場所から見えたのは新幹線


あれ、前回降りた場所と違う場所に出てきたみたいな気が


戻りは沼津駅まで歩いて戻り、電車で三島駅へ。
高速道路が混んでいるようだったので、箱根の日帰り温泉へ。
温泉でさっぱりして施設に併設されている食事どころで
この日初のちゃんとした食事。
食べ終わる頃には道路も空いて帰りは渋滞知らずで楽々帰宅できました。


by mie
日記 : 21:56 : comments (x) : trackback (x)
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<  2018 - 08  >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
SEARCH BOX