Main BACK >>
寄り道三昧〜その2〜

過去に何度か近くを走りながらも時間の関係で素通りしていたので
初の立ち寄り。
見える建物は結構上の方に感じが。。。
とりあえず、駐車場に車を止めて出発。




ここからひたすら続く表参道の階段、1159段の始まり


駐車場から見えた建物まであと少しの『一の門』


先ほどまでいた場所が小さく見えるし、上ってきた階段が


駐車場から13分上り続けて、社務所が見えた場所に衝撃的な看板が!

ロープウェイ乗り場ですと!!
上ってきた場所から車で15分ほど移動した場所に乗り場があるらしい。

社務所で拝観料を支払い、御朱印帳を預けて御社殿へ。
まずは楼門をくぐるのにも階段が


楼門をくぐる前に写真を


唐門はくぐれないので横から




御社殿の立っている場所の近くに家康公が植えたミカンの木が


御社殿は国宝なのだそう




前日まで2日間連続の大会に出場していてよく歩いたなぁ〜


写真は撮影していませんが、家康公の御廟にお参りしてきました。
下山前に撮影した久能山


下山する前に上から写真を


この後は翌日仕事なのでまっすぐ帰宅しました。
充実した3日間でした。

by mie
日記 : 22:19 : comments (x) : trackback (x)
寄り道三昧〜その1〜

気づけば2019年になっていますが、中身は2018年の11月。
2017年に初参加したOMMに2018年も参加してきました。
2018年の開催場所は奥三河。
予想以上のハードな大会でございました。。。
大会が終了してそのまま帰宅する人もいるけれど、流石に疲れた!
と言うことで、ネットで調べて浜名湖周辺のホテルを当日予約。
ホテルに関しては敢えて何も言わないでおきます。察してください。

朝食を済ませて出発。
御朱印帳も持ってきてるし〜ということで、車で15分ほどのお寺へ。
寺よりも温泉街の方がメインらしいけど、お参り。


階段を上った先にある御本堂で御朱印を。


サクッとお参りを済ませて、相方さんが寄りたいという風穴へ。
その場所は鷲沢風穴


平日ということもあってお客さんおらず。
入り口で入場料を払い、入り口にあったヘルメットを着用して中へ。
先に入った相方さんで少し余裕がある程度の高さ。


風穴だけど、鐘乳石も多数


途中にある階段は途中で頭を下げないとぶつける狭せな場所も


15分ほど楽しんでお昼を食べに焼津へ。
何故に帰路途中の焼津に寄り道するのか?という理由は簡単で、
宿泊したホテルで夕食までの時間見ていたテレビで焼津漁港のお店が
取り上げられていて美味しそうだった!ということです。

漁港関係者や観光客で賑わうお店で海鮮丼をいただきました。
美味しかった🎶

帰る道中に三島大社に寄る話になったけれども、気づいた相方さん。
三島大社に向かう途中で道をそれるとTJARのゴール地点!
2年に1回行われる山岳レース憧れの場所。


2018年の優勝者プレートも既に入っていました。

そのまま三島大社に寄らずに何故か久能山東照宮に向こうことに。


by mie
日記 : 16:15 : comments (x) : trackback (x)
毎年恒例の母と2人旅~その3~

奥までバスで行って戻って来るのも一つの方法だけど、渓流は遡上する方が
綺麗な景色が見えるので手前から奥に向かって歩くことに。
ホテルが走らせている渓流バスの一番最初の停留所で下車。
その場所は

バスには結構な人が乗っていたけど、降りたのはわずかのみ。

まだ団体客が入って来る前の静かな渓流沿いを散策


遊歩道が渓流に沿って整備されているので美しい景色が見ながら先へ。
20分ほどで石ヶ戸に到着。
ここの付近には団体客らしき人たちがいっぱいいたけど、地図を見ると
駐車場があり、少しだけの散策で降りるらしい。
ここを過ぎるとまだ静かな渓流散策路に。

自然豊かで至る所にモフモフの苔が。
近くでみると細いけど頑張って上に伸びてるのがよくわかる


中には小さなキノコの姿も


少し細くなっている場所は勢いよく水が流れている


渓流沿いには所々滝もチラホラ


少し紅葉し始めている木々もチラホラ


歩き始めて1時間ほどで有名な場所に到着


奥入瀬渓流と言えば!でよくCMとかにも使われてたりしているのだとか

穏やかさと相反するような勢いのある流れをしているのだけど
それがまた美しく、見続けていても一切飽きない。。。

阿修羅の流れから20分ほどで水量豊富な雲井の滝に到着


本当に美しくてマイナスイオンたっぷり~

穏やかな流れがあれば勢いのある流れももちろん

時間がたてばまた水流で岩などが削られてまた違う景色が見れるのかな。

見飽きることない渓流の美しい景色を堪能しながら渓流沿いを歩き続け
約3時間20分ほどで奥入瀬渓流最大の滝に到着



銚子大滝の手前にある九段の滝付近からチラホラ団体様とすれ違い。
ここに駐車場があるから奥入瀬散策がセットになってるツアー客かな。

奥入瀬渓流のゴールまで後1.4キロ!

ここから先は車道脇の歩道歩きに。
最後の少しは再び渓流沿い歩きですが。
先ほどまでの雰囲気と全く違う


途中で写真を撮ったり休憩しながら4時間半かけてゴール!


十和田湖の近くにあるお店で昼食を軽く食べて路線バスでホテルへ。
ホテルに戻ってカフェでコーヒーとケーキを食べて満足♪
よく歩いたので温泉に入ってからマッサージでリラックス。
この日の夕食はバイキングにして、ネットで評判の高かった
『焼きたてアップルパイとアイスクリーム』を堪能。
勿論、部屋に戻って爆睡しました。

翌日は朝食を食べて部屋でまったりして駅行きの送迎バスに。
新青森まで行けたけど、青森に来たらお昼はコレにしないと!
ということで再びやって来た青森魚菜センターでのっけ丼


新鮮で大きく切られた海鮮たっぷりなどんぶり完成♪
心もお腹も満足して、帰りはグランクラスに乗車して東京へ。

そのまま帰るのも何なので、新宿のホテルに1泊して翌日のお昼は
新宿高島屋の鼎泰豊で。
満足しまくりの4日間でした。

by mie
日記 : 22:37 : comments (x) : trackback (x)
毎年恒例の母と2人旅~その2~

宿に到着して宿泊手続きをして案内されて部屋へ。
色々とプログラムがあるらしく、案内の方に勧められて星空観賞ツアーを。
案内された部屋に入ると畳部屋に一段上がった場所にベッドが

窓の外には緑あふれる景色が。

温泉に入ってのんびり。
この日の夕食は西洋風懐石料理をチョイス。
席にはナプキンを置くためだけに金山焼のお皿と津軽びいどろが


お料理はどれも見た目も素晴らしく味も上品でおいしい。
最後は金山焼の器に入れられた名物のカレー。
デザートも数種類盛られていて最後まで美味しく頂きました。

食べ終わって少し休憩した後はホテルのベンチコートを借りて星空観賞ツアーへ。
途中でバス車内の電気が消されて暗闇の道へ。
車内でスマホなどは使用しないようにの案内が。
観賞ポイントまではバスで10分弱の距離。

空には雲があるものの星は所々見えている。
バスを運転していたホテルの方がレーザーポインターを使いながら星の説明。
やはり、星は説明してもらわないとわかりません。
40分ほどの星空観賞ツアーを終えてホテルへ。

部屋に戻りながら館内にある大きなモニュメントを撮影。
下は暖炉になっていて夜になったら火が。

ちなみに、このモニュメントの作者は岡本太郎氏です。

ぐっすり眠った翌日の朝食はバイキング。
バイキング会場の名前は


中の写真は撮っていませんが、リンゴをモチーフにした灯りや飾りつけが。
見た目だけでなく、もちろん内容も流石な感じです。
朝からミニ海鮮丼を自作できたり、焼きたてのパンケーキがあったり
内容もいっぱいならば味も美味しい。
しっかり朝食を食べて部屋に戻りながら、昼間はカフェになるエリアの上にも
大きなモニュメントが。
もちろん、コレも岡本太郎氏作です。


部屋でチョッとくつろいだ後は準備を整えてこのホテルに泊まった目的を。
ホテルから全て歩くとさすがにMy母には長すぎるので、途中までバスで移動。



by mie
日記 : 21:59 : comments (x) : trackback (x)
毎年恒例の母と2人旅~その1~

10月11日~14日でMy母と2人で東北旅行してきました。
今回は全て公共交通機関のみを使用!宿からの往復バスは除いて。
仕事を16時で上がらせてもらい東京駅で合流。
その足で秋田新幹線に乗って一路秋田へ。
11日は秋田駅前のホテルで宿泊。
翌日12日は秋田駅から電車で旅スタート。
乗り込む電車は前に来た時はまだ新しくなっていなかった車両の『橅』


ハイブリット車です。


車体は名前の通り橅の木々をイメージした感じに


車内はこんな感じ


途中までは奥羽本線を走ってこの駅でこの電車旅の醍醐味ともいえる線へ



ローカル鉄道でも人気の高い五能線です。

列車はこの沿線の見どころともいえる日本海沿岸沿いを。


景観が美しいところはスピードを落として走行。


前日から朝まで降り続いていた雨で空は曇天ですが、日本海はいい感じ。


時折青空も


前回は途中下車して白神山地の十二湖を歩いたけど、今回はのりっぱなし。
お昼は車内にある売店でお弁当を購入して日本海を見ながらランチ。
今回も津軽三味線の生演奏が途中であったり。

そうしている内に五能線の終着駅の川部に到着


午前8時20分に秋田駅を出発したリゾートしらかみは5時間かけて終着駅の
青森駅に13時30分頃に到着。
宿の迎えのバスまでは時間があるので青森駅の駅ビルをウロウロ。
時間の少し前になりバス乗り場には結構人が多い。
やって来た宿のバスは大型観光バス!
支障なく全員乗車して一路宿へ。
山を越え走ること1時間半でお宿に到着。

2日間お世話になるお宿はコチラ




by mie
日記 : 21:13 : comments (x) : trackback (x)
CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<  2019 - 03  >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
SEARCH BOX