Main
ブルーノートジャズフェスティバル〜その3〜

早めの夕食をDIZ STAGEで行われているライブを聴きながら自席で食べ、
まったりしている内に、周りは次第に暗く。
始まる15分程前にトイレに行ったら、スタンディングエリアに凄い人が。
もちろん、S席・A席共に埋まっているのですが。
混んでいるのを横目に堂々とS席専用トイレでサクッと済ませて席へ。
19時頃にようやく17時出航予定の船が動き始め、皆様それを見ながら
グダグダしていると照明が消えた瞬間に客船なんて無かった事に(笑)
モニターには

周りのテンション一気にアップ!

メンバーが出て来た瞬間皆様スタンディング。


特設会場は一気に70年代・80年代のディスコブーム再来のような感じに。
ちなみに、皆様の目的はほぼこのグループかなぁ〜と。
という我が家ももちろんですが(笑)
で、誰かというとEarth, Wind & Fireです。
相方さんと13歳差のジェネレーションギャップを埋めた一つが彼らの曲。
私は曲をカバーしたバンドが好きで聴いていて、相方さんはリアル世代。

30年以上経過した曲なのに古さを感じない凄さ。
初期からのメンバーでベーシストのヴァーダイン・ホワイトもカッコいい!

ちなみに、彼は調べたら65歳!
ステージ衣装でもこの格好を出来る65歳はまず居ない。

皆様ひたすら踊る。
そんな雰囲気を出してなかった中年の女性もノリノリ♪
楽しく音楽を聴きながら気付いたらチラリと映ったミュージシャンが。
周りも気付いた人は「えっ!?」と戸惑った声がチラホラ。
そして、正式に舞台中央に出て来た人はマーカス・ミラー!
まさかのコラボ!ジャズフェスならではって感じでしょうか。

ヴァーダイン・ホワイトとマーカス・ミラーのベースコラボ


スゴ過ぎて言葉に出来ないし表現出来ない。。。

大ディスコ大会よろしくな感じになったラストステージは熱狂的なほど
盛り上がって8時半頃に終了。
帰りにCD販売ブースに寄ってCDを購入して帰宅。
しばらくの間はコレが車移動する時の定番になるのでした♪



by mie
日記 : 22:48 : comments (x) : trackback (x)
CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<  2024 - 06  >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
SEARCH BOX