Main
新しい雪の楽しみ方?〜その2〜

予選会は相方さんもエントリーした40歳以上の部からスタート。
その間、39歳以下の参加者はゴンドラ降り場の近くにある小屋で待機。
40歳以上の部がスタートした1時間後の17時半にスタートなので
10分ほど前に参加者揃ってスタート地点まで移動。
周囲は陽が長くなったとは言え、薄暗くなり始めている。
そんな中、スタート。
皆様早い!
スタートダッシュから早々に出遅れ最後をひた走る私。
アレ?今回はスタッフさんが一緒に走らないのね。。。
走っていると、どこか上の方から「頑張ってね〜」という声が。
声がした方を向くと下って行くゴンドラの1つが窓が開けられて
手を振るスタッフさんの姿が!
遠目でしたが、試走で一緒に走ってくれた方でした(笑)
予選参加者の預かり荷物をゴンドラで下ろしている最中でした。

一度走ったコースなので完全お一人様だけど問題無し。
シーンとした無音の中で聞こえるは風の音と自分の足音と呼吸音のみ。
なかなか体験することない良い機会です^^
さっきはオドオドと下った斜度20度の場所もチョコチョコと下って行く。
斜度20度の場所を越えた時に頭の中に鳴り響き始めたのは
今年のお正月明けから参加しているカルミナ・ブラーナの中の1曲、
“Ecce gratum”でした(苦笑)
跳ねるような感じで走らないと。って感じでテンポ良く進んで行く。

試走した時には無かった雪上車?(圧雪車?)が。
その先に進むと試走の時にはボコボコだったルートが整備されてる!
左足を進めると沈まない!と思って調子良く右足を踏み込んだら沈む!
危うく、右足の沈みに足を取られて捻る所でした。。。
ココは慎重に。
試走の時も思ったけど、場所によって雪質というか雪の状態が全然違う!
ラストのゴール目前はズボズボな雪。
気をつけても足を取られる。
と思っていたら、ゴールから相方さんが「最後だ走れ!」との声が。
他にも待っていて下さった方々が「ラスト、頑張れ!」と声援が。
その声援に応える為にもズボズボ雪にも関わらずダッシュ。
ゴールで温かく出迎えてくれました^^


流石に疲れてゴールして笑いながら倒れ込みました(笑)


寒そうに見えるけど、意外と走っていると温かくて寒くないんですよ。
後夜祭ならぬ中夜祭の会場に移動。
入口でゼッケンをお返ししてアンケートに応えて一度中へ。
開始まで少し時間があるとのことだったので一旦部屋に戻って着替えて
再び中夜祭会場(泊まっている建物内の広間)へ。



by mie
日記 : 23:01 : comments (x) : trackback (x)
CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
<<  2021 - 11  >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
SEARCH BOX