Main
初の強歩大会に出場〜その1〜

気づけば6月の半ば。
相方さんと一緒に佐久強歩大会に出場してきました。
大会は約2ヶ月前の4月21〜22日で開催されました。
『競歩』は歩き方が決められており、速さも求められるけれども、
出場した『強歩』は歩き方は自由で長距離を歩くことで基本、順位なし。

出場した強歩大会は埼玉県韮崎市から長野県佐久市までの78キロ。
韮崎市駅近くの小学校で夜の21時にスタート。
なので19時半過ぎに受付をして必須3点セットの受け取り。

男性も女性も関係なしで全員同じ帽子だけどかなりダサい。。。

参加者は1100名なので3ブロックに分かれてウエブスタート。

受付で渡された3点セットはゴールまで常につけておくのが絶対条件。

トップでゴールする方々はスタート直後の渋滞に巻き込まれたくないので
開会式が行われる午後8時半より前にスタート地点に並んでいるとか。。。
ちなみに、スタート地点から15キロまでは大会役員さんが先導していて
追い越すことはタブーだけど、それを超えると走ってもOK。

最初は国道沿いをひたすら歩くものの、街灯が多いわけではないので
スタート時点ですでにヘッデンを帽子の上から装着。
かなり最後尾に近いところからスタートしたけど、結構なスピード。
色々な人のブログを読むとゆっくりで。なんて書いてあったけど、
普段私が一人で街中散歩をするのと同じぐらいの時速5キロ程度。

スタートから1時間ほど歩いた時に見えたコンビニに人だかりが。
見たら、コンビニの広い駐車場に仮設トイレが。
最後の参加者が使用し終えたら移動できるようにトラックの荷台に
仮設トイレが女子用と男性用がそれぞれ数基あり階段で荷台に登って利用。
本当に効率的な仮設トイレだなぁ〜と感心。

トイレに寄って歩いていると後ろから仮設トイレを乗せたトラックが
追い越してゆく〜。
さらに1時間ほど歩いていると再びトラックが止まっているコンビニが。
どうやらトラックは2台用意されているっぽい。

用が無かったのでそのコンビニは素通りしてほぼ最後尾から順位上げ。
前を歩いている人でほぼ同じぐらいのペースの方にひたすらついて行き
最初の関門の15キロ地点を午前0時過ぎに通過。
流石に、慣れた山だと先に行ってしまう相方さんも今回はずっと一緒。
ここまでは少々の登りはあったもののほぼ平坦な道。

この佐久強歩はスタート地点が海抜351mで34キロ地点が最高地点で
海抜1387mなので、ここからが本当の意味での戦いの始まり。

午前0時を回り、国道沿いを離れたほぼ街灯がない道をひたすら歩く。
前後には人がいるけれども、皆さまほぼ無言で黙々と。
道端には斜度7%の登り看板はあるけど、暗闇なのでよくわからない。

15キロ地点から1時間ほど歩いた場所で例のトラックが止まっていたので
プチ休憩&4月下旬とはいえ、夜中は冷えるので上着を羽織る。
小腹も空いてきたので歩きながらモグモグタイム。

トラックがあった場所からはひたすら続く登り。
その先にあったのはさらなる登りの入り口、大門ダムに午前2時前に到着。


ここからは国道を逸れてダムに続く道へ。
ヘッデンが無ければ何も見えないほどの真っ暗な道。
かなり先の方にはチラチラと動く明かりが時折見える状態。
15分ほど登ってそろそろ終わりかと思ったら、着いたのはダムらしい。

真っ暗すぎて何もわかりません(苦笑)

本当の登りはそこからでした。
九十九折のひたすら続く登り道。
喋ると体力を消耗するので眠たさを振り払う為に音楽を聴きながら登る。
登り続けること約20分でようやく大門ダム出口の標高1000mに到着。


リタイアバスの乗り場でもあり、見ると結構乗っている人が。。。
登り終えて休憩する人もいたけれども休憩せずに先へ。

by mie
日記 : 22:03 : comments (x) : trackback (x)
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<  2021 - 09  >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
SEARCH BOX