Main
2日連続で登山

さてさて、大山から降りて自宅近くに戻って来たのは夜8時頃。
義妹さんは近所に住んでいるので3人で近所のスーパーで夕食を食べて
翌日の買い出し。
その日はお風呂に入って早々に就寝。

その翌日である5月4日、朝6時過ぎ出発が起きれずに結局7時出発に。
登山姿で義妹さんと共に相方が運転する車に乗って中央高速を河口湖へ。

元々の予定では丹沢へ行くハズだったのだけど、余りにも無理ということで
急遽予定を変更して山梨県の三ツ峠山へ。
今回はトレッキングポール代わりに相方のスキーストックを借りてみることに。

今回は標高1800メートルだけど高低差は500メートル弱。
登山口入り口に車を止めて出発。
今回は本当に階段もなく延々と続く坂道。
しかも、今年の大雪の影響でなのか道の端々に残雪が。


雪が残っている横で新芽が


ノンビリとストックを使いながら途中の急坂もありつつも歩くと見晴し台が


そこから少し進むと山荘と休憩場所が。
そして雲がかかっているけど富士山もバッチリ


そして、遠くに頂きに残雪が見られる南アルプス?


本当は山頂はもう少し先にあったのだけど、前日の疲れもあって
見晴し台まででストップ。

ふと山頂の方を見るとロッククライミングの練習中

ちなみに、ココは初心者向け?の簡単な場所らしい。

お昼を食べて下山。
しかし、ストックがあるとバランスが悪い坂道でも安定して降りられる。
この時点で次の登山までにはストックを購入しようと決心。

テンポ良く駐車場まで降りて来て車に乗って4月下旬にようやく
五合目駐車場まで全面開通して富士スバルラインで富士の五合目へ。

この道路、下の方にはメロディポイントがあり時速50キロで走ると
「ふじの山」が聞こえるのだ。
しかし、50キロで走ったけどかなり微妙な感じ。どちらかというと60キロ
で走る方が聞き易いかも(笑)

少々混んでいたもののそんなに待つことなく五合目の駐車場に到着。
五合目にいるのに山頂が見えるってさ〜


少しだけあるいて登山口の入り口へ

普通に通行禁止のロープが張っていました。

そして、駐車場近くにはこんな看板が

まぁ、観光客の多いこと!

そんな中、ガシガシという音に振り向くと足にアイゼンを履いたご夫婦が。
推定50〜60代って感じでしょうか。
話しを聞いてみると、上まで登って降りて来たんだとか。
雪崩も見かけたとか。。。
残雪期の富士登山なんて真冬の装備が必要な難コースなのに。
本当に凄いなぁって思います。

この方々以外にもスキー板を持った人も。。。
山肌をアップにすると分かりにくいけど確かにスキーで滑った後が


本当に今年の8月中旬にアノ頂きに立っているんだろうか?
なんてことを思いながら帰路へ。
しかし、中央高速は事故渋滞で八王子に抜けるまで3時間近く。
ナビは途中で降りて地道を走るルートを。
なので、ナビ通り走る事を選択。
しかし、この道は凄かった。
何故って、街灯が全く無い山を越えて道志に続くルートなのだもの。
途中で道志と合流出来た時はホットしました。

しかし、2日連続の登山は疲れた〜!

by mie
日記 : 21:58 : comments (x) : trackback (x)
チョッと本格登山?

前の更新からまた間が空いてしまった。。。
大阪から戻ってきた翌日の5月3日、登山スタイルで相方の車に乗って朝から
神奈川県の大山(おおやま)のふもとへ。
今回は相方と2人ではなく、相方の妹さんも一緒。

今年のお正月にケーブルカーで登った阿夫利神社下社。
今回はケーブルカーを使わずに下社経由で更に上の阿夫利神社上社へ。

登山口まではケーブルカーを利用する人たちと同じ参道を。
ケーブルカーを利用する軽装の人たちが多い中、軽く浮いてる3人組み。

始まりは普通の整備されてる階段。
途中から女坂と男坂に分かれるので迷わず女坂を選択。
しかし、坂とは名ばかりで石で出来てる結構高さがある階段だらけ。

ヒーヒー言いながらどうにか途中の日向薬師に到着。

最後のトドメを刺したのがこの階段


少し休憩してから再び歩き出した時にフェンス越しに見えたのはコレ

今回乗らなかったケーブルカー。

階段を登り続けること1時間ほどで阿夫利神社下社に到着。
出迎えてくれたのは狛犬


とりあえず、12支の像を撮影



ここから上社に向かって本格的登山開始。

歩いているとまだまだ桜が


標準タイムの2倍近い時間をかけてどうにか山頂である阿夫利神社上社に到着。



山頂からは遠くに富士山がうっすらと


山頂からは町並みがくっきり

そして、下社もチラリ


下りは尾根伝いに見晴し台経由で下山したものの、ケーブルを使わなかったので
駐車場に戻った時には辺りは暮れてました。。。
ふぅ疲れた。

とりあえず、また1歩富士山に近づいたのか!?

by mie
日記 : 21:28 : comments (x) : trackback (x)
CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
<<  2021 - 11  >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
SEARCH BOX