Main
裏高尾でトレーニング〜その2〜

今回はチョイと試し毎を兼ねての登山。
それは、富士山に登る時に持って行くのと同じだけの荷物(水含む)を
ザックに入れて歩ききれるか?ということ。
藤野の駅から高尾山口までの総距離22キロほどを約8キロ近くの荷物を
持っての登山。
このレベルの山でこれだけの大荷物を持っているのは私たちと後々会った
大会か何かで登っていた高校の登山部の子たちぐらいでしょうか。

多少の登りはあるものの、陣馬山の途中はこんな感じ

ちなみに、この後ろ姿は私です。

続きが凄まじく気になる看板も

「根気よく歩けば」なんになるんでしょうか?

陣馬山山頂まではまだまだ

でも、時折、あと何キロって書いてある看板を見ると微妙な気分になります。

それでも歩き易い道が多い


所々に天然の木いちごが


数ヶ月後に来てこの葉をたどれば良い山芋が収穫出来るのかなぁ


疲れて来たころに出てくる看板


更に出てくる看板


あんだけ歩いたのにまだこれだけ残っているのかぁ。という気持ちと
あとこんだけで着く!という気持ち。でも、平地じゃないから0.7キロ
って書いてても結構遠いです。

そして、最後にトドメを刺すかの如く登場するコレ


登り切った!と思っても出てくるコレ


最後の階段って本当にキツいです。
それでもようやく山頂に到着♪


陣馬山と言えば?


こんな山々が見えているらしい


今日はここからがメイン!
けど、とりあえず陣馬山山頂で15分ほど休憩。


by mie
日記 : 22:31 : comments (x) : trackback (x)
裏高尾でトレーニング

まだまだ続くの6月のブログ(笑)
丹沢で頑張った約1ヶ月後の6月15日に裏高尾山へ。
この日は丁度ワールドカップ日本戦第一戦の日。
なので少ないかなぁと思いながら、とりあえず車で高尾山口へ。
駅前に駐車して6時半過ぎの京王線で高尾駅へ。
高尾駅からバスで陣馬山登山口行きのバスを考えたものの、発車10分前で
既に超満員状態。なので、中央線で藤野駅へ。
中央線は登山に行く中高年の集団が乗ってました。
高尾から15分ほどで目的の藤野駅へ到着。


時間がまだ早く、藤野駅から陣馬山登山口に行くバスはまだ走ってない。
タクシーもないので登山口まで道路を歩くことに。
歩いてもなかなか登山口が見えてこない。。。
めげかけた頃に後ろから大学のワンゲル部らしき男の子たちの集団が。
挨拶を交わしながら道を譲って少ししたら右に進んで行く。
そこにあったのは

歩き始めて約30分後のこと。
意外と登山靴でコンクリートの道を歩くのはスゴク疲れる。

ようやく登山開始♪


しかし、まだまだ続くよコンクリート。
ということで、今度はコンクリートの坂道の開始。
家々がまだまだあるし。
歩いていると、住民の方が車で下から上がってきた。
車はある一軒の家のガレージに。
降りてきたおじさんに挨拶をして通り過ぎると、おじさんから一言
「チョッと、そこをみてごらん」と。指差された所にあったのはコレ

“モリアオガエル”が産卵した場所らしく、この泡の中で卵がふ化して
オタマジャクシが誕生♪そして、その重みで下に落下。
でも、産卵した泡の真下には発泡スチロールで作られた池が。
発泡スチロールの中にはオタマジャクシが元気に泳いでました。

そこから少し行くとコレが

ようやく本当に登山開始。

by mie
日記 : 21:58 : comments (x) : trackback (x)
CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
<<  2021 - 11  >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
SEARCH BOX