<< NEXT Main BACK >>
スキーと樹氷の旅〜その1〜

2月7日〜10日まで3泊4日でスキーと樹氷の旅に行ってきました^^

関東近郊でもスキーが出来る場所は結構あるけど、今回は相方さんの友人がいる
岩手県の安比高原へ。
7日の午前8時20分頃の新幹線に乗るために、家を6時過ぎに出発。
荷物は事前に送っているので身軽な感じに。
東京駅で朝食を食べてホームに上がると目に止まったのがこのコンビ。

現役の長野新幹線「あさま」と新型の長野新幹線だけど、3月14日からは
北陸新幹線「かがやき」として走る「あさま」。
良いものが見れました♪


そして、乗るのはE5系の「はやぶさ」は東海道新幹線のN700A「のぞみ」と
隣り合わせで。
今回は行きは普通車だけどスキーとかに行く人でほぼ満席。

盛岡で下車して安比に行くバス乗り場へ移動。
バスに乗って10分もしない内にバスは発車。
意外と混んでる車内。

バスは45分程走行して安比高原のホテルで順番に停車していき、泊まる
ホテル安比グランド本館で下車。
ホテルのフロントで宿泊手続きを済ませて、事前に送っておいた荷物を取りに
宅配カウンターへ。
送り状を忘れてきたものの、無事に荷物を受け取り更衣室でスキーウエアに。

この日に参加するツアーまで1時間半ほどあったので昼食を食べに移動。
スキー自体が17年振りなので、食事のチョイスが多いことに驚き。
軽く食べれる小丼を食べてからお土産店などをウロウロ。

そうこうしている内に集合時間10分前に。
この日参加したのはスノーシューのツアー

色々あって10分ほど押してのスタート。
定員8人に対して参加者8人なのでスタッフが2人同行。
スノーシューとストックを借りてゴンドラで山頂へ。

山頂から立ち入り禁止の新雪の場所から見えたのは七時雨山など。


そして、ホテル方向を見ると

遠くに見える黄色の建物がゴール地点。その距離約5キロ程。
正面は上級者向けのコースで、スノーシューを履いていても少し降りるのにも
結構な勇気が必要でした。
勾配が急な場所を少し下りてから普段は立ち入り禁止の森の中へ。

木々に雪が付いていて形が結構面白い。
白クマが木に乗りかかっているように見える雪の固まり


途中でお尻で滑ったりしながらフカフカの新雪を下へ


ガイドの方が色々と説明してくれながら質問しつつ進む一行。
中でも興味深かったのは木の傷

寒さで木の中の水分が凍って割れた後なんだとか。

しかし、人跡未踏の雪を見つけたらやってみたいのがコレ


腕だけをバタバタして残った形がチョッとわかりにくいけど雪の妖精。


3時間以上のスノーシュー散歩はかなり楽しかったです。
またやりたいなぁって感じです♪

途中でティータイムが取れなかったので集合場所に戻ってクッキーでお茶。
飲みながらガイドをしてくれたスタッフの方に色々と質問して充実した時間に。

20分ほどお喋りして、スキー場の手荷物預かり所で荷物を受け取って
ホテルフロントでルームキーを受け取り部屋へ。
着替えてホテルの大浴場でさっぱりしてから、この日の夕食として選んだ
バイキング会場へ。
正直、内容はイマイチでした。。。

晩御飯を食べてホテルのお土産店で3年ほど前に青森で出会って探していた
お菓子と再会したのでガッツリ大人買い(笑)
この日は午後9時半過ぎに就寝。

by mie
日記 : 22:39 : comments (x) : trackback (x)
CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<  2024 - 07  >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
SEARCH BOX