Main
国外逃亡?1日目

卒業式の翌日、自宅に帰り今度は旅行の支度。
今回は一人旅行ではなく母と共にツアーに参加。

行先は“アジアのハワイ”とも呼ばれてる?

飛行機はもちろん


朝の9時30分発でフライト時間は1時間20分ほどなので出る機内食も軽食で

お米にも味が薄くついてて、意外と?美味しかったにこっ

今回のツアーは某旅行会社で申し込んだのだけど、
「専用車・専属ガイドと巡る 見どころ済州島」という題名。
小グループ単位でマイクロバスかと思いきや、空港で待っていたガイドさんに
連れて行かれた先にあった車は「タクシー」。
普通の5人乗りのタクシー。

そう。完全に観光タクシーにガイド付きの状態でのツアーらしい。
ってか、ツアーというよりも個人旅行と思うが。。。

観光を始める前に行った先は、時間が昼食頃だったので食事場所。
韓国での最初の食事は「石焼きビビンバ」。
だけど、写真を取り損ねて写真なし。

日本だと、ビビンバにキムチが入っている事が多いけど、
本場ではキムチは小皿にサービスでついてくる。
しかも、日本でするような発酵している匂いもないし。

さて、食べた後は観光へ。
最初の観光地は済州島が元々、独立国だった頃の神話の場所「三姓穴」へ。



上から覗く事は出来ないので、近くにあった看板も一緒に。

済州島の守り神?の「トルハルバン」

向かって、左が「学者」で、右が「兵士?」
上になる手によって異なるらしいです。

済州島が韓国になる前の発祥の地だったので


中には桜が綺麗に咲いているし


その後は、市内の鮮魚・野菜・果物市場と免税店をウロウロ。

そこから50分ほどかけて、島の南に位置する宿泊するホテルへ。


一旦、チェックインしてホテルで休憩。
その後は晩御飯を食べにホテルからほど近い場所へ。

1日目の晩御飯は、タチウオの塩焼き定食と焼きサバ。

真中のでかいのがサバで、写真の右端で切れて写っているのがタチウオ。
小皿は全てサービスで付いてくるらしい。
しかも、空になったら補充してくれるシステム。

周り全てが海で海産物が豊かなので、タチウオも日本ではめったにない位に肉厚。
手前のはワカメスープ。

食事の後はホテルに戻ってのんびり。
自分たちのペースで動けるのがしんどくなくて良い感じのツアー。

by mie
日記 : 15:53 : comments (x) : trackback (x)
5年かかって

3月18日に5年間在籍していた武蔵野大学通信教育部を
無事に卒業しましたにこっ



今まで、短大・大学・大学院と3つの学位を取ったけど、宗教色の無い学校。
でも、武蔵野は仏教系の大学なので、卒業式も仏教形式?で行われました。


最初は、檀上には飾り?がなかったけど、
開式の前に、献花・献灯・献香が行われ

写真の状態に。

檀上にいらっしゃるのは、学園長・理事長・各学部の学部長の先生方。

人数が多いので学部によって午前と午後に分けて式を行うらしい。

1時間15分ほどで式が終わり、入ってきたのは通学部の在学生さんたち。
有志の学生さんたちが“いきものがかり”のエールをピアノ伴奏でコーラスしてくれた。
凄く練習したんだろうなぁ~。っていうのを感じる程の上手さ。

そして、有志の学生さんたちによる吹奏楽での“ドリカム”の未来予想図で
会場から送りだされる卒業生たち。

上の写真が有志の学生さんたち。

愛校心あふれる卒業式でした。


中の卒業証書は撮影してないけど、卒業出来た喜びは感じました。

通信教育のおかげで色々な職業の方々とも知り合いになれ、刺激を受けました。

もちろん、卒業式が終わった後は通信教育部の有志?で夕方4時から飲み会音符
ワイワイ喋って飲んで3時間ほどで1次会は終了。
もちろん、その後は2次会へ。
飲んで眠たかったのもあって、名古屋方面へ新幹線で帰る方々と共に途中で抜けホテルへ。
楽しい時間を過ごしました。

さて、次は何を目標にしようかな。

by mie
日記 : 13:33 : comments (x) : trackback (x)
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<  2022 - 06  >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
SEARCH BOX