Main
国技館の第九

今年初めて参加した国技館5000人の第九。
前日リハが行われた2月27日は、相方さんと東京駅で待ち合わせて
有楽町でランチをしてプラプラ歩いて国技館まで移動。
途中、至る所にアンテナショップがあって出入りを繰り返していたので
荷物が増える〜(笑)

相方さんの席はマス席。
一方、私の席は天井近くのお隣からソプラノという色々な意味で最悪な場所。
万九みたいにオケ合わせで手直しが入るのかと思ったけど、一切入らず終了。
あっけない感じでした(^^;;
この日は飲みに行く皆様とは分かれて相方さんと義妹さんと3人で帰宅。
ちなみに、マス席でないのは知り合いの中では私のみ(爆)
まぁ、気楽で良いですけど。

翌日2月28日は本番。
家から履いて行くのは面倒なのでスカートは持っていくことに。


席詰めでも移動することなく終了。

ゲネプロもザザッと終わって、入り口で配られたお弁当でお昼。
半分近くがご飯でメッチャ量が多い。。。
まぁ、参加費用の中でまかなわれているから文句を言えなかったりしますが。

で、14時から本番。
1部はビゼーのカルメン。
なのだけど、スピードが早過ぎてなんかなぁ〜って感じ。

30分程度で1部が終了して20分ほどの休憩を挟んで2部の第九へ。
第1楽章からして結構早くない?と思っていたけど、第3楽章も早い!
ゆったりとした気分になれず、気付いたら第4楽章に入ってました(^^;;
地味にオケと指揮者が合ってないなんですけど〜というより、
オケに合わせて振ってる感じ。
第4楽章の合唱もチャッチャと終了(爆)

全体的に土台がシッカリしていない建物にベニア板を乗せた感じの音楽。
合唱団と指揮者とオケの気持ちが一つになってないのが伝わってくる〜。

予定終了時刻よりも30分も早く終了。

終わった後は入り口で待ち合わせて、万九の中野クラスの方々と打ち上げへ。
正直、打ち上げの方が楽しかった気が。。。

万九の時に感じる翌日のダルさや空虚さもなく、翌日は普通に仕事へ。
ほぼ同じぐらいの年数、行われているのだけど、何が違うのか疑問。

by mie
日記 : 23:22 : comments (x) : trackback (x)
今年はスキー&雪灯籠旅行へ〜その8〜

教えてもらったお店は、観光客以上に地元の方が来る店だそうです。
とりあえず、スキーでケガをすることもなく楽しく終えれたので
遅くなったけど打ち上げと称して少々アルコールを。
と思い梅酒を頼んだらボトルできました(^^;;


アテはやっぱり刺身と今の季節でイカ



“ごっこ”という魚を使った“ごっこ煮”

魚はコラーゲンたっぷりな感じでプリプリで、上のツブツブは卵でプチプチ

ふと目に止まったので注文した馬刺

臭みもなく美味しかった^^

青森の郷土料理の“貝焼き味噌”

ベースの味は味噌味なのだけど、卵でとじられているという不思議な味。
でも、お酒と共にだとすすむわ〜♪

青森の郷土料理の“じゃっぱ汁”

“ごっこ煮”は鍋ものみたいな感じだったけど、これは本当にお汁。
美味しかった♪

酔ってきて撮影していないけど、これ以外に焼き鳥と“イガメンチ”も
で、“イガメンチ”というのは、イカのゲソを細かく切って小さく切った
野菜とかと混ぜて揚げたもので、美味しかった^^

お店からホテルまでは徒歩5分で、外に出たら風で酔いが覚めるか?
と思ったけど、風は冷たくなくホテルに戻って早々に爆睡(苦笑)

翌日はスッキリ目が覚めて美味しくホテルのバイキング。
郷土料理が多く満足でした^^
準備をして早々にチェックアウトをしつつ、気になっていたアップルパイを。
本当はまだホテル内のカフェシェップは営業していなかったけど、
声をかけると、イヤな顔一つせず用意してくれました^^
食べたのは家に帰ってからですが。。。

アップルパイと荷物を持って駅へ。
特急で新青森へ移動して、そのまま新幹線に乗って東京へ。
帰りは長いし疲れているだろうし。
ということでプチリッチにグリーン車を利用♪

家に帰ってきて洗濯をしながら、買ったアップルパイを
先ずは箱


箱を開けると


1/4にカット


お店の人が「人気で頼まれて幾つも買って帰る人もいるんですよ」
という言葉がまさに!って感じで甘さも丁度良く美味しかったです♪

by mie
日記 : 22:53 : comments (x) : trackback (x)
今年はスキー&雪灯籠旅行へ〜その7〜

ホテルにチェックインして部屋に荷物を置いたら雪灯籠会場に早々に出発。
と言っても、バス停で10分ほど待ちましたが(^^;;

バスに揺られること10分ほどで会場である弘前城公園に到着。


2月にもかかわらず雨が降る温かさ。
でも、流石というべきか、お堀の水はみごとに凍っていました。


確かに、雪で作られた灯籠


これは雪ではなく石ですけど


初、弘前城公園の中へ


植木を雪の重さから守るためなのかな?


灯籠以外にもこんなのも

寝ているスヌーピー。
温かさで溶けかけているものもありました。

中を進むとお城発見♪


近くで下を撮影したら、石垣から降りてると言っていいのか。。。


少し進んだ先から下に広がっていたのはミニかまくらの中で揺らぐ明かり


メイン広場では、雪で作られた弘前城を使ったプロジェクションマッピング
色が付けられたバージョン


元々はコレ


お土産屋さんで“うんぺい餅”なるものと遭遇。
昔は、結婚式で引き出物として使われていたのだとか。

雪灯籠も満足して、時間も午後9時頃だったのでタクシーでホテルへ。
でも、その前に晩御飯を食べに運転手さんにオススメのお店を聞いて
そこに行ってもらいました。



by mie
日記 : 22:37 : comments (x) : trackback (x)
CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<  2024 - 06  >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
SEARCH BOX