<< NEXT Main BACK >>
帰国の途(朝焼け)

窓際に移動した理由はココから。

周りが寝ている日本時間午前6時前。
ウトウトしつつも熟睡していなかった私は窓のブラインドを少し上に。

外は真っ暗だったけど、ほのかな明かりが

光っているのは飛行機の左翼の先端部分。

ほのかだった明かりが

水平線?の向こうから徐々に明かりが

それは次第に

明るくなって行き、

そして、闇がかなり減り

朝を告げる空色に

そのうち、

前方には太陽がほのかに見え

それは少し進むと

遠くに太陽が

そして


前方にはハッキリと朝日が

朝日がハッキリと見えて少し経つと

下には雲海が広がって

夜の帳が次第に朝に

後方を見るとまだ暗かったけど

そして、夜から朝に完全に移行


雲海から鱗雲っぽい感じに


少し高度を落とすと

上にも雲が

そんな事をしている間に到着前の軽食が

パン固い。。。フルーツ美味しくない。。。

その頃には日本上空に

連なる山々。

でも、山の先は平地っぽい感じ?


どこだろうと思っていると

山の直前には海が。。。

飛行経路の現在地を見て驚きました

まさか、和歌山と三重の県境がこんなにも海と山が近かったとは。。。

到着するのには千葉県沖から


このまま高度を下げて行ったけど、雲なのか霧なのかが凄くて
着陸する直前まで全然外が見えない状況でした。
前の共通画面で映されていた現在映像を見て着陸直前なのを知ったほど。

無事に帰って来れて良かったにかっ

本編はコレで終了。
しかし、私の旅は珍道中がつきもの!?なので
インド出発から着くまでの間に色々ありました。
それは次に。

by mie
日記 : 22:49 : comments (x) : trackback (x)
CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<  2024 - 06  >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
SEARCH BOX