<< NEXT Main BACK >>
もし・たら・れば

無事に谷川岳から駐車場に降りて来て、帰り支度をして帰路に。
本当は日帰り温泉に入りたかったのだけど、予想以上に時間がかかってしまい
狙っていた日帰り温泉はタイムアウトに。
近くの旅館は日帰り温泉可になっていたけど、イマイチっぽかったので
そのまま水上から高速へ。

駐車場も無料だったし、ロープウェイも片道しか乗ってなかったので
群馬県内にある赤城高原SAに立寄り。
車を降りたら結構寒い。。。
標高が高いので仕方がないのですが(^^;;

チョコチョコと買い物をして再び高速をひた走る。
しかし、お昼食べただけで赤城高原SAではアイスをシェアしたぐらい
だったので良い感じにお腹も空いた!
ということで、上里SAに立寄り。

夜19時頃というのも手伝ってか人が多い。
フードコートで好きなものを食べるかレストランで食べるか悩んでいて
レストランを見に行った相方を目で追いつつ、ふと目に入ったテレビ。
一瞬、目を疑いました。
そこで映っていたのは御嶽山噴火のニュース。

何故って、数日前まで今年最後の3000メートル級で家から日帰りできて
特段に技量が無くても登れる御嶽山にするか
鎖場経験の為に谷川岳にするか悩んでいたから。

御嶽山を止めた理由はいくつかありました。
1、谷川岳登山の最初に書いた冬ズボンを買わなかったから。
9月末とは言え、3000メートル級の山の頂上は5℃程度しかなく
夏ズボンで行ける気温ではなかったから。
2、数日前に情報検索していた時に「谷川岳の紅葉が綺麗で良い感じ」
といった趣旨の書き込みを見たから。
3、今年の3000メートルは2回とも悪天候に見舞われたりしてイマイチで
良い思いがしてないから。

前々から何度か御嶽山に登る話しが出ていたものの見送っていました。
もし、あの時に冬ズボンもついでで買っていれば。
もし、ネットで谷川岳の紅葉の話しが出てなかったら。

御嶽山に登っていれば、おそらく、ロープウェイで登ってそこから歩き。
登り時間で約3時間半ほどの道のり。時間通りには登れないので
8時頃に登り始めて早ければ山頂直前ぐらいだったハズ。
その時に遭遇してるかと思うとゾッとしました。

御嶽山に行かなかったのは本当に「もし・たら・れば」だけ。
一本早いロープウェイだったら。休憩を長くとっていたら。
そんな紙一重のことで生死が分かれた人も居たと思います。

登山をする以上は、怪我をしても遭難しても滑落しても自己責任と
思いながら登っていますが、誰も噴火なんて想像できないです。

日常生活でも事故に遭う遭わないの差は「もし・たら・れば」だけだと
考えると平穏に無事に過ごせることに日々感謝しないといけない。
と思いました。
自分への戒めを込めて。

一刻でも早く行方不明の方々が見つかりますよう願います。
これ以上、二次被災も含めて自然災害の被害者が増えませんように。



by mie
日記 : 23:04 : comments (x) : trackback (x)
CALENDAR
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
<<  2022 - 11  >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
SEARCH BOX