<< NEXT Main BACK >>
四国旅行〜その6〜

剣山山頂にあった神社の宮司さんにも“秘境中の秘境”と言われた場所へ。
すれ違うのもやっとな道(なので観光バスが入ってこれない)を進み、
ひたすら走っていると、不思議な場所に。
工事関係者が座っているのかとおもいきや“かかし”


元バス停かなにかだったのかな場所にも


行きている人の気配がしない“かかし”だらけの地域。
通っただけでも感じる過疎の限界集落。
まるで、生きていた人が何かで“かかし”になったなったかのような
“在りし日”を表しているかのような感じ。
写真を撮るのに止まっただけですが、何とも言えない怖さを感じました。
少し走ると、畑仕事をしている男性(動いていたので人です)が。
ふぅ〜って感じです(苦笑)

時間があれば寄りたかった平家の落ち武者伝説の“落合集落”を通り過ぎ
観光バスいっぱいの“有名な方のかずら橋”もスルーしてココへ


建物に入って観光船の時間を見たらまだ乗れる時刻。
相方さんは乗る気満々になったので“大歩危遊覧船”に乗船!


by mie
日記 : 23:10 : comments (x) : trackback (x)
CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<  2024 - 06  >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
SEARCH BOX