<< NEXT Main BACK >>
岩手で登山&観光旅〜その2〜

山頂で休憩していると流石に結構寒い。。。
各々、昼食を食べ終えノンビリしていると机を持ってやってきた
腕章を付けたおじさん。
持っていた机は1枚板で作ったそうで、どの方角にどの山が見えるのかが
机には書かれていました。


裏もしっかりと


このおじさんが作って持ち上がって来たらしい。
おじさんすごいわ。

そして1人が気付いた空の彩雲


そして太陽には太陽虹(ハロ現象)が


2つ一緒に見れるとは。。。
ただ、太陽虹は天気が崩れる前兆とかで、翌日はイマイチなお天気でした。
色々な事にテンション上がって集合写真を撮影して12時半に下山開始。

雨降ってないから良いけど、トレランシューズなので蛇紋石が滑る。
登り以上に慎重に滑らないようにしながらの下山。

登りながらも思ったけど、ホント高山植物が綺麗


唯一みつけた咲いていたウスユキソウ


去年は咲いている姿が見れなかったので今年は一輪だけとはいえ良かった。
ノンビリ歩いて14時半過ぎに無事に登山口に到着。
帰りのバスが15時なので、みんなでお喋りしながら待つ事しばし。
ほぼ最後尾で降りて来たのでバスでは座れないと思っていたけど、
まさかのバスの停車位置が最後尾で降りて来たメンバーの目の前。
申し訳ないと思いつつもありがたく座らせて頂きました(笑)

駐車場に無事に到着して、途中の道の駅に寄り道して飲み物購入。
登山口にも駐車場にも自販機がなかったので。。。
それぞれ車で移動してこの日の宿に。
車で走る事約1時間強でお宿に到着。

風情のある建物です。

別棟でホテル館もあるのだけど、今回はみんなでご飯を作って宴会!
ということなので自炊部という名の湯治をする建物。


とりあえず大部屋に集合して適当に部屋割り。
それぞれの部屋に荷物を置いて調理組と先入浴組に。
湯治の宿というと、ボロボロなイメージがあったけど。。。
古いのだけど綺麗に保たれている。
今まで泊まった旅館でもっと酷いところはいっぱいあったな(苦笑)
しかも、素泊まりで3000円!
殆どは混浴だけど、ホテル館の温泉はシャワーも完備されている男女別。
ということでとりあえずホテル館の温泉へ。
良いお湯ですやん♪
ただ、部屋にカギがないので貴重品の管理は自分で。って感じですが。

お風呂から上がって少々調理のお手伝いをしたら宴会の時刻。

大部屋には差し入れのお菓子や初めてみた“白いさくらんぼ”。


湯治の宿には不釣り合い?なオシャレな


かまぼことシュウマイ


お刺身も


4つほどに分けられた机にはそれぞれ同じごちそうが処狭しと


アップしたらこんな感じ


今回の企画をしてくれた方の一人が作ってくれた“海女の磯ごはん”


ちなみに、お料理の一部は参加費に含まれているものの、
参加者からの差し入れ多数でこれだけ豪勢に!

19時から宴会スタート。
久しぶりに、弱めのアルコール飲料で乾杯。
宴が進むうちに美味しそうなワインやら日本酒やらをチョコチョコと。
お酒の多くも差し入れのもので美味しかった^^
初対面の方々ばかりなのにそんなことが気にならないほどに楽しい。
そう、職場の飲み会とかよりも色々と話せて楽しい。

関東女子組みの方々が着ていたのは憧れの五竜T
集まった後ろ姿をパシャリ


楽しい宴は21時30分頃から撤収開始。
撤収と言い始めると飲んでいてもテキパキ動くのが登山者集団。
手際良く片付けられていき、22時には撤収完了。

湯治屋なので遅くまでドンチャンやっていると迷惑なのでね。
飲み足りない人たちは残って飲んで、戻る人たちは部屋へ。
自分で布団を敷いて同室の方々と色々とお喋り。
しかし、流石に仮眠3時間程度だったので11時過ぎに沈没。

by mie
日記 : 22:54 : comments (x) : trackback (x)
CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<  2024 - 06  >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
SEARCH BOX