<< NEXT Main BACK >>
人生2回目の入院と初手術~その2~

入院当日は相方さんも仕事を休んで付いてきてくれました。
とりあえず入院手続きを。
4人部屋が良かったけど、空きが無いということで2人部屋へ。
後々、それが良かったと思ったことが。。。
案内係の方と病棟へ。
入院していた総合病院は産婦人科のみ他の科と入院フロアが違っていて、
大きな鉄扉の先は外来の検査室などが。

病室に案内してもらうと意外と広くてゆったりしている。
しかも、テレビカードなしでテレビも見放題。
言われた通りにパジャマに着替えてゴロゴロ。
利き手ではない左手首には患者名などが書かれたバンドが。
相方さんはこの日は居てもすることがないので、翌日の手術前に来る事で帰宅。
お昼(病院食)を食べてから麻酔科医の説明を聞きに別フロアにある部屋へ。
映像を見ながら麻酔科医の色々な説明を聞き、同意書にサイン。

部屋に戻ってA先生の回診を受けて翌日の手術は午後2時頃からに決定。
飲み物(水とかお茶)は翌朝10時まで飲めるけど、食事が出来るのは午後9時まで。
ということで、外来が終わった17時頃に院内のコンビニに行ってお菓子を購入。
夕食(17時半~18時の間)の後に美味しく頂きました。
午後9時を過ぎると看護師さんがやってきて電気を消されて就寝。

普段の睡眠不足を補うがごとくしっかり寝させて頂きました(笑)

翌朝は午前6時過ぎに電気をつけに。
この病院の起床と点灯時刻は午前6時です。

手術当日(12月19日)は朝から弾性ソックスを履いて手術着に着替え。
フリーサイズでサイズが大きいので肩が落ちてくる。。。
フロアには基本的に男性は居ないとはいえ流石にね~
見かねた看護師さんに軽く医療用テープで止めてもらいました。

この日は朝から点滴三昧。
こんな所にするの?って感じの左手首内側の上から2/3ぐらいの場所に
注射針を刺されて点滴開始。
外す時に見たら針ではなく柔らかい細い透明の筒でした。
看護師の山友さん曰く、注射針と共にさして針を抜いたら外筒だけが残る。
そんなシステムだそうです。

しかし、血圧を測る時も腕に巻くのは昔ながらのだけど、計測する機器が
水銀計ではなくデジタルの小さいもの。
そんなものもドンドン進化しているんですねえ~。
看護師さんに言ったら、看護師さんも学校では水銀計を使っていたらしいです。

ギリギリ飲める午前10時までお茶を頂いて、時間になったので残ったお茶は廃棄。
置いていると飲みたくなるし。
この日の担当看護師さんは前日の人以上にフレンドリーで面白い人。
様子を見に来ては色々と雑談をして去っていく。

相方さんが午後13時前にやってきてお喋り。
私以上に相方さんの方がやはりソワソワしている気が。。。
14時前にお呼びがかかって担当看護師さんと相方さんと一緒に歩いて手術室へ。
手術室って何かに乗せられて行くのかと思っていたけど、極一部の人だけらしい。
手術室の前室入口でA先生がお出迎え。
にこやかにお喋りをしつつ、相方さんとはここでお別れ。

前室にはドラマで見かける手を洗う場所が。
手術室が思ったよりも広い!
ココは心臓手術とか結構大がかりな手術で用いられる部屋で、普段用いる部屋が
別の手術で使用中なのでコッチを使うと教えてもらいました。

ベッドに上がったら思った以上に落ちそうなほど狭い!
でも、シートの下に電気毛布を敷いているのかポカポカ温かい。
しかし硬膜外麻酔の為に横向いたらホント落ちそうなんですけど~
って思っていたら、両サイドの看護師さんに「大丈夫ですよ」と言われてしまった。
そりゃそうですよね(^^;;
痛み止めの注射がチクッとした後に、硬膜外麻酔が。
一瞬押される感じがした後は「入りましたよ」の言葉と共に、背中から何か
液体が入って来るような不思議な感覚が。

改めて仰向きに寝て、胸に心電図の電極,指にパルオキシメーター,
腕に血圧計が付けられました。
少し斜め上を見ると大きな画面に計測中の機器のデーターが。
血中酸素量99%で正常値、血圧少し高めで少し緊張気味?
A先生と談笑しながら先生方の準備も整ったようで、口元に酸素マスクが。
先ずは新鮮で綺麗な酸素を全身に回してから、麻酔を入れるようで
言われる通りに深呼吸をしていると『今から麻酔を入れますね』の言葉の後
意識が完全に飛びました。

何かを言われた記憶がうすぼんやりあるけど不明瞭過ぎて。。。
次に完全に会話をしたのは相方さんと。
手術室から出て来て部屋に戻ってから、一旦帰宅して面会終了間際に再び
来てくれたらしい。
数言葉交わした後はぼんやりした状態と睡眠を繰り返し。
口元には酸素マスクがあって、指にパルオキシメーターが付いてたのは認識。
2時間おきぐらい?に血圧か何かを測られていた気がする。
正直、寝ているのか寝ていないのかよくわからない状態でした。

再び確実に覚醒出来たのは手術翌日(20日)の朝。
体調が安定している事を確認して酸素マスクやら機器類とオサラバ。
その時にようやく動けないものの覚醒していることを認識。



by mie
日記 : 20:54 : comments (x) : trackback (x)
CALENDAR
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
<<  2022 - 11  >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
SEARCH BOX